カテゴリー:つくった

春っぽい みそらの暖簾

みそらの暖簾が、春っぽいものに変更されました。
IMG_7376
ふわふわと浮き立つような感じ、気分が軽くなります。


笑レクの準備中です

 

またあしたでは、笑レク(集団レク)を行う際は、その備品などは、原則手作りし、プログラム提供シーズン終了後に、破棄する事にしています。これは、手仕事のプログラムを提供する際に、『何か目的のために作成する』この場合であれば『笑レク』実施のための小道具を作っていくのに協力していただく、というストーリーを作り、手仕事自体に意味を持たす。という事を、目的としているためです。
IMG_7378

どう展開するか? はスタッフの力量が要求されるのですが、一つのプログラムを実施するのに、多くの作業が、自然と派生するという意味では、時間があまりない現場スタッフが、プログラムを提供を考える際にとても有効な手段となります。
しかし、ただ機械的に行えば、利用者様の興味は半減します。必ず、ストーリーを展開しながら作業をすすめる。その点に、特に留意すべきです。


またあした栗東でのはじめての『手仕事』

またあした栗東も、少しずつうごきはじめています。

またあしたでは、すべてのプログラムを『仕事』と、位置付けて提供しています。
やらされるのではなく、自主的に参加していただくために、全ての作業に意味合いを持たせ一過性で終わるのではなく、次につながっていき、そこに、ストーリーが存在することを目指しています。その、象徴として『手仕事』としているのです。

さて、『またあした栗東』でのはじめての手仕事、なかなか、かわいらしい季節感のある作品になっています。
ちなみに、うろこの模様が『33』に見えて仕方がないのは、私だけでしょうか?
この作品作りの中で、どんなストーリーが展開されるのか、スタッフの腕の見せ所です。
IMG_7390