カテゴリー:できごと

実地指導 リターンマッチ

先月お知らせした実地指導ですが、台風21号の影響で延期されることに・・・・・
実地指導のための準備なんかしていませんよ!! またあしたは、いつも、どんな時でも、普段通りですから、
でも、準備万端整えていたのに・・・・・・延期だなんて・・・・・・ショック!!!!  《結局、準備してんかい!》
何が、一番ショックかというと、変な緊張感を、まだしばらく引きずらなくちゃいけなくなったことです。
これが結構きつい、先日ようやく、県から連絡があり10月17日に実地指導という事になりました。
もう一度、当日に向けて気合を入れなおします。


みそらの将棋盤

『昔将棋が好きやったんや!』
アセスメントをすると、時折、お聞きするバックグラウンドの一つです。
どの施設も、男性利用者様に取り組んでいただくプログラムには苦戦していることと思うのですが、またあしたでも、そこは同じだと思います。

将棋や囲碁のプログラムは、関係者の皆様から、昔好きだったからというお話から、取り組むべき課題としてあげられることもあるのですが、実はなかなかハードルが高く、スムーズに実現することが、難しいプログラムであると、私たちはとらえています。

その理由としたは、対戦相手がボランティアさんの場合であっても、認知症疾患がある場合、程度にもよりますが、かなりサポートしないとゲームとして成立しない場合が多いこと、個人の性格などにより、対応が難しくなる場合があること、勝ち負けが付くので、場合によってトラブルになる可能性があるなど。かなり神経を使わなければならないプログラムなのです。

ところが、とある日
IMG_9093
利用さんどうしで将棋を指されていました。
どうここまで持ってきたのか、みそらスタッフの腕に感服です。
穏やかな表情で、将棋を刺されている、お二人の男性ご利用者様
内心はもしかしたら『ぜったい負けたくないぞ』と思われているかも
でも、この瞬間、理想的なケアの一こまを見ることが出来ました。

みそらスタッフに拍手!!


のどじまん

風に聴いた便りですが
先週の土曜日 とあるのど自慢に
とあるスタッフが参加したとの情報が
IMG_9195

誰??


1 / 68123...102030...おわり »