またあしたの仲間たちがふと思いついたことを気ままに発信

ありがた~い名言☆

FD9C674B-200C-4C3B-A5B4-783ED84E0B8E

またあした伊勢のご利用者様Yさん。私たちスタッフにとって、戦前戦後の歴史や出来事を教えて下さる「先生」のような存在です。

「なんや、わからんのか。しゃーない、教えたるわ」と少々ぶっきらぼうな調子ではありますが、とても丁寧に、いろんなことを教えて下さいます。その言葉の端々に、大変な時代を一生懸命自分は生きてきたのだ、という自負や誇りがにじみ出てきています。

EA8639D4-013E-427E-BCF3-5BEE56481426

そんなYさんは、以前またあした伊勢の看板文字を書いて下さるなど、味わいのある文字を書いて下さる達筆家でもあります。
毎月、ありがた~いお言葉を書いていただき、額に飾っていただこうと考え、Yさんにお願いすると、少しはにかみながらも応じて下さり、筆を執って下さいました。

BA5AB106-5718-4EAE-8351-07C1DD10C108

出来上がった色紙を眺めてYさんはとても満足してくださりました。
今月はどんな名言をしたためてくれるのか、とても楽しみです☆


ウキウキパッケージ☆

157510BE-8F79-4F22-8C8F-1F416F649FFD

またあした伊勢のおやつはホットケーキを焼いてみました。
ただお配りするよりも、ハロウィーンということでギフトラッピング☆
かぼちゃのイラストにご利用者様も「まあかわいい!」と目を丸くして喜んでくださいます。

4E8CC84B-2554-40BB-B9C8-73C73F07F686

ラッピングのイラストを描いてくださったのは、「画伯」とも呼ばれるご利用者様。
本格的な画材を使って心温まるかぼちゃを描いてくださいました。

いつものおやつの時間が、特別な、ウキウキするおやつの時間に変わりました(^^♪


HOME MADE SUKEROKU☆

本日のまたあした伊勢の昼食は助六寿司。

~助六寿司の「助六」の語源・由来って?~

助六寿司の「助六」は歌舞伎十八番の一つ。「助六所縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)」の通称で、主人公の名前でもある「助六」に由来する。助六の愛人は吉原の花魁で、その名を「揚巻(あげまき)」という。
「揚巻」の「揚」を油揚げの「いなり寿司」、「巻」を海苔で巻いた「巻き寿司」になぞらえ、この二つを詰め合わせたものを「助六寿司」と呼ぶようになったという説がある。
(出典:語源由来辞典)

F5FB12E4-9438-4CFC-A037-F4104CDE3178

3D091F1C-32DC-42A4-98AC-4E04A1C98343

「手伝っていただけませんか?」というスタッフの言葉がけに、
「待ってました」とばかりに歌舞伎の千両役者かのごとく、いなりずし、巻きずしづくりに取り掛かるご利用者様。
手際の良さとてきぱきとした準備、そして輝く目。スタッフをリードしながらどんどん工程は進んでいきます。

10778E26-89DD-41CA-96A1-6A438F83CC04

「そっちが先や」
「きゅうりちょうだい!」
「巻きずし切るときは包丁は濡らさなあかん」

8F1B5952-CCCD-4E83-B122-7A767C226F3F

いろいろな声が飛び交いながら、あっという間に助六寿司の完成(^^♪
「まあまあええ出来栄えやろ」

32D59972-3970-45EF-9A6B-2196EE4AF7D3

皆様で作った助六寿司のお味は言うまでもなく格別!
ご利用者様が一言。
「運動会の時は、朝4時半に起きて巻き寿司15本作ったこともあるわ」
恐れ入りました。敬服するスタッフに笑顔、笑顔の食卓でした☆


1 / 254123...102030...おわり »