またあしたの仲間たちがふと思いついたことを気ままに発信

もうすぐお昼 もうちょっと待っててね!

皆さんにご協力いただきながら、何とかお昼に間に合いました。

IMG_7601

IMG_7600

またあしたではご飯は手作り
暖かいものは暖かく
冷たいものは冷たいままで
ご利用者様にもそれぞれの役割を持っていただき
持ちつ持たれつの関係で、一日に時間が
ゆっくりと流れていきます。


やさしい大福☆

53FB4472-ACF0-49B0-9627-AE8FBB66FCB1

B9BBBB0E-B326-4DBC-984C-8E3BCF20BA17

またあした栗東の今日のおやつはいちご大福です!あんこを丸めて旬のいちごとともに。
ご利用者様にも食べていただきやすいように、生地は白玉粉と豆腐を混ぜて火にかけて練りました。

0E7D284B-E0EB-4F9B-A849-47C75C2A0AA8

029F3AB2-6CA8-47E2-A283-48E14F8533AF

途中喫茶休憩をはさみながら、あんこといちごを生地で包みます。

6E53C7FA-7F25-4FBF-B975-2B6A47EBDC05

おやつタイム。皆さんで作ったいちご大福のお味は格別なようで、
「お店で売っているのよりおいしいわぁ!」
「いっそのことお店を開こうか!」
とご利用者様から大絶賛(^^♪いただきました☆


笑レクの準備中です

 

またあしたでは、笑レク(集団レク)を行う際は、その備品などは、原則手作りし、プログラム提供シーズン終了後に、破棄する事にしています。これは、手仕事のプログラムを提供する際に、『何か目的のために作成する』この場合であれば『笑レク』実施のための小道具を作っていくのに協力していただく、というストーリーを作り、手仕事自体に意味を持たす。という事を、目的としているためです。
IMG_7378

どう展開するか? はスタッフの力量が要求されるのですが、一つのプログラムを実施するのに、多くの作業が、自然と派生するという意味では、時間があまりない現場スタッフが、プログラムを提供を考える際にとても有効な手段となります。
しかし、ただ機械的に行えば、利用者様の興味は半減します。必ず、ストーリーを展開しながら作業をすすめる。その点に、特に留意すべきです。


1 / 272123...102030...おわり »